膝の痛みについて
  1. ホーム
  2. 痛みの種類
  3. 側副じん帯損傷

側副じん帯損傷について

症状

内側側副靭帯損傷

外側から押されて倒れた時に起きやすい。
外側より、内側を傷めることが多い。

ひざの内側を安定させているので、ここを損傷すると、

  • 負荷をかけると痛い
  • ひざの内側が痛い
  • 歩く時、ひざがガクガクする
  • 切れてしまったら、歩けない

外側側副靭帯損傷

交通事故などで、外側の靭帯を損傷することが多い。

ひざの横方向の安定と、膝の動きをスムーズにする役割があるため、ここを損傷すると、

  • 負荷をかけると痛い
  • ひざの外側が痛い
  • O脚ぎみになる
  • ひざがくずれるような感じ
  • 切れてしまったら、歩けない
  • 膝をひねったり、体重をかけると痛い

原因

じん帯
ひざの仕組み

じん帯は、膝の動きを安定させる。

じん帯は4本。

前後に2つある、十字じん帯は、前後のズレを防ぐ役割を。

ひざの外側と内側にある側副じん帯は、横方向の安定性を守る役割を。

側副靭帯は、膝の関節の横方向の安定を担う。
その上、半月板も固定して、膝の動きをコントロールします。

スポーツなどで障害を起こしやすいのは、特に、内側の側副じん帯。
これらの靭帯の弛みは、膝を不安定にさせる。

歩く時、痛みが出たり、ガクガクすることも。

スポーツなどで障害を起こしやすいのは、前十字靭帯。
踏ん張ったり、急な方向転換、ジャンプをしたとき、痛めがちです。
(バスケットボール、バレーボール、柔道など)
*参考;十字じん帯損傷

治療

治療として

  • 安静
  • 薬物療法
  • 筋肉トレーニング
  • 手術  など

カイロプラクティック的見方

じん帯は、膝の動きを安定させる。

とくに、
側副靭帯は、膝の関節の横方向の安定を担いながら、半月板も固定して、膝の動きをコントロールしています。

*****

カイロプラクティック的には、
じん帯に負担のかからない(少ない)体のバランスが大事と考えます。

膝関節は、骨盤、股関節、足関節からの影響が大きい。

外反膝(X脚)は、内側側副じん帯が、過伸長状態に。
(外側)半月板や脛骨や大腿骨の外側にも負荷がかかりやすい。

内反膝(O脚)は、外側側副じん帯が、過伸長状態に。
(内側)半月板に負荷がかかり、軟骨の消耗されやすい。

だから、体のバランスを整えると、負担の軽減につながると考えています。

参考;膝痛とゆがみ

今までの治療で改善が見られない場合、一度、バランスを整えてみませんか?

カイロプラクティックは、筋肉や骨格のバランスを整えるのを得意にしています。

今なら、初回特別割引実施中

大阪府大阪市住吉区長居3-13-8-1階
長居カイロプラクティック整体院
Tel;06-6699-9811Tel;06-6699-981
<受付> 9:00~12:00、15:00~20:00
水曜定休

ひざへの負担のかかり方
ひざへの体重のかかり方

元気でイキイキ、体ラクラク♪のお手伝い
ご予約やお問い合わせはお気軽に

長居カイロプラクティック整体院
tel:06-6699-9811tel:06-6699-9811
大阪府大阪市住吉区長居3-13-8-1階
長居駅すぐ
定休日;水曜日
初回割引はコチラ

▲ページ上部に戻る