膝の痛みについて
  1. ホーム
  2. 痛みの種類
  3. オスグッド・シュラッター

オスグッド・シュラッター病について

症状

オスグッドシュラッター病膝蓋骨(お皿)の下の骨が少し飛び出し、押さえると痛い。

運動後の運動痛や、
何もしなくても自然に痛くなる自発痛など

ひどくなると歩いたり、膝を曲げたり走っただけでも痛みが…

ランニングやジャンプなど大腿四頭筋(前太ももの筋肉)を収縮する運動を続けるとおこりやすい。

スポーツをしている子供に多いです。
無理せず、体の成長に合わせた運動に控えておいたほうがいいですよ。

原因

オスグッドシュラッター
オスグッドシュラッターの痛みの出る箇所

足を伸ばす時、大腿四頭筋(前太ももの筋肉)が収縮。
脛骨をひっぱって、足をまっすぐにします。

この時、膝蓋骨は大腿四頭筋が脛骨を動かす際の、テコの役割をします。
(参考;膝の構造・詳細へ

引っ張られる側の脛骨とつながっている部分。
つまり、脛骨粗面(写真;赤)上に強い力がかかる。

*****

子供に多い。

成長期、骨の急激な成長に、筋肉が追い付かず、筋肉の付着している靭帯や腱に強く引っ張られ、痛みの原因に。

激しい運動をすると、成長過程で、弱い骨は耐え切れなくなる。

ひざの下側の脛骨粗面にストレスがかかることにより、
脛骨の骨片が、引っ張る力に耐え切れず遊離し、痛みがおこる。

大腿四頭筋の過緊張状態が続くとよくない。
だから、運動後のケアが大切ですよ。

治療

治療は、安静が基本。

痛みがきつい場合、消炎剤を用いたり、ギプスなどで固定。

激しい運動で、膝の使い過ぎが原因の場合、ムリせず、体の成長に合わせた運動を!

カイロプラクティック的見方

激しい運動が原因なので、ムリをしない。
安静が一番ですが…

カイロプラクティック的には、 膝蓋骨の位置や、脛骨のゆがみのチェックが必要です。

痛みが出るほど、引っ張られているため、脛骨にも異常が出やすいです。

脛骨にゆがみがあると…

脛骨と大腿骨をつなぐ(安定させている)じん帯に影響が…
衝撃吸収のクッションの役割をする 半月板に、バランスよく荷重がかからなくなることも…。

体のバランスを整えると、負担の軽減につながると考えています。

膝蓋骨の動き
膝蓋骨の動き

参考;膝痛とゆがみ

今までの治療で改善が見られない場合、一度、バランスを整えてみませんか?

カイロプラクティックは、筋肉や骨格のバランスを整えるのを得意にしています。

今なら、初回特別割引実施中

大阪府大阪市住吉区長居3-13-8-1階
長居カイロプラクティック整体院
Tel;06-6699-9811Tel;06-6699-981
<受付> 9:00~12:00、15:00~20:00
水曜定休

膝痛の種類に戻る

元気でイキイキ、体ラクラク♪のお手伝い
ご予約やお問い合わせはお気軽に

長居カイロプラクティック整体院
tel:06-6699-9811tel:06-6699-9811
大阪府大阪市住吉区長居3-13-8-1階
長居駅すぐ
定休日;水曜日
初回割引はコチラ

▲ページ上部に戻る