膝の痛みについて
  1. ホーム
  2. 痛みの種類
  3. 十字じん帯損傷

十字じん帯損傷について

症状

十字じん帯損傷

十字じん帯は、膝の関節を支えているじん帯。
だから、じん帯を損傷すると、膝が不安定な状態に。
具体的には、

  • ひざがグラつく痛み
  • ひざが抜けそうになる
  • ひざがはずれそうになる
  • 急性期は、膝がはれ、痛みが激しく歩くことも困難に

スポーツをしている人に多い。

ほっておくと、膝の不安定と痛みとともに、将来、変形性膝関節症になる恐れもあります。
また、十字じん帯だけでなく、半月板の損傷を合併していることも多いです。

原因

ひざの構造
ひざの構造

じん帯は、膝の動きを安定させる。

じん帯は4本。

前後に2つある、十字じん帯は、前後のズレを防ぐ役割を。
ひざの外側と内側にある側副じん帯は、横方向の安定性を守る役割を。

  • 前十字靭帯
    大腿骨に対して、脛骨が前方にずれたり、ねじれたりしないようにする働きがあります。
  • 後十字靭帯
    大腿骨に対して、脛骨が後ろにずれないようにする働きがあります。

スポーツなどで障害を起こしやすいのは、前十字靭帯。
踏ん張ったり、急な方向転換、や急停止。ジャンプをしたとき、痛めがちです。
(バスケットボール、バレーボール、柔道など)

後十字靭帯は、交通事故やコンタクトスポーツの激しい接触時に痛めがちです。
*参考;側副じん帯損傷

治療

治療として

  • 安静
  • 薬物療法
  • (じん帯再建)手術  など

カイロプラクティック的見方

じん帯は、膝の動きを安定させる。
半月板は、衝撃吸収のクッションと、曲げ伸ばししやすいように滑りをよくする。

十字じん帯損傷は、膝の不安定につながる。
また、半月板も合わせて、損傷していることが多い。

十字じん帯を損傷したとき、大腿骨、脛骨の骨自身へも衝撃があったと考えなくてはいけない。
また、痛みをかばった歩き方になり、膝関節への体重のかかり方もおかしくなる。

カイロプラクティック的には、バランスよく、ひざに負荷がかかるように持っていく。

バランスよくするためには、膝関節だけでなく、骨盤、股関節、足関節など体全体を見る必要があると考えています

参考;膝痛とゆがみ

今までの治療で改善が見られない場合、一度、バランスを整えてみませんか?

カイロプラクティックは、筋肉や骨格のバランスを整えるのを得意にしています。

今なら、初回特別割引実施中

大阪府大阪市住吉区長居3-13-8-1階
長居カイロプラクティック整体院
Tel;06-6699-9811Tel;06-6699-981
<受付> 9:00~12:00、15:00~20:00
水曜定休

ひざへの負担のかかり方
ひざへの体重のかかり方

膝痛の種類に戻る

元気でイキイキ、体ラクラク♪のお手伝い
ご予約やお問い合わせはお気軽に

長居カイロプラクティック整体院
tel:06-6699-9811tel:06-6699-9811
大阪府大阪市住吉区長居3-13-8-1階
長居駅すぐ
定休日;水曜日
初回割引はコチラ

▲ページ上部に戻る