膝の痛みについて
  1. ホーム
  2. 痛みの種類
  3. 変形性膝関節症

変形性膝関節症について

症状

変形性膝関節症は、何年もかけて、徐々に進行します。

初期

  • 動き始め、膝がこわばる
    動かしにくい、鈍い痛みを感じる。
  • 階段の昇り降りで痛み
  • 正座で痛み

→休憩すると、痛みが治まる。

中期

少し休んでも、痛みは治まらない。

  • 正座、しゃがみ込む動作が困難に
  • 階段の昇り降りが困難に
  • ひざがはれ、熱をもつことも

末期

日常生活に支障をきたす。

  • 体を動かすことがつらい
  • 階段の昇降だけでなく、歩くことも困難に

変形性膝関節症中高年の女性に多い。

内側の関節面を押すと痛い。
ひざの内側の骨が出っ張ってくる。

一度すり減った軟骨を元に戻せない。
だから、早めのケアが大事です。

原因

変形性膝関節症
変形性膝関節症

中高年の膝の痛みで、一番に疑われるのが、変形性膝関節症

老化と膝関節の不安定さからくる骨の変形が原因。

加齢・肥満・運動不足などから膝の半月板が傷んだり、関節軟骨がすり減って、痛みを生じる。
結果、変形につながっていく。

ひざは、

  • 体重を支える
  • 複雑な動きをする

という負担を強いられています。
参考;ひざのしくみ

膝を支える筋肉が強く、軟骨や半月板に問題のない間はいいのですが、
年とともに、筋肉や軟部組織に衰えが…

とくに、軟骨。

軟骨は弾力に富む。
関節の滑りを良くするとともに、関節に加わる衝撃を吸収する役割が…。

老化とともに、軟骨から水分が失われ、弾力が乏しくなる。
結果、ひざの動きが悪くなり、軟骨に強い圧力も加わることに。

強い圧力がかかる部分から、軟骨がすり減り、骨が露出することに。

ひざの関節の変形の始まりです。

骨と骨が直接当たって炎症を起こし、やがて骨が変形。
進行するにつれ、痛みも増して、骨の変形が強くなっていく。
日常生活に大きな支障をもたらします。

*****

変形性膝関節症は、O脚の人が多いです。
O脚は、ひざの内側に重心がかかり、負担が大。

外反母趾のある人も、足裏が不安定になり、足のクッション作用が衰える。
結果、ひざにも負担がかかる。

  • 肥満
  • 筋肉の衰え
  • O脚
  • 半月板や靭帯の損傷  に多いです

治療

治療は、

  • 薬物療法
  • 温熱療法
  • 運動療法
  • 手術
  • 足底板やサポーターの利用
  • 減量  など

一度すり減った軟骨を元に戻せない。
だから、早めのケアが大事です。

カイロプラクティック的見方

変形した骨を元に戻すのは、ムリ。

カイロプラクティック的には、変形がこれ以上、進まないように、痛みが軽減するように取り組みます。

  • 膝関節のかみ合わせがくるってくる
  • 膝関節で、内外側で、正しい方向で、バランスよく体重がかかっていない

これらは、骨の変形を強くするとともに、痛みもきつくなっていく。

膝関節は、大腿骨と脛骨からできている。

膝関節のかみ合わせを考える場合、
ひざ自身のみを考えるのではなく、足関節や股関節、骨盤も重要。

今までの治療で改善が見られない場合、一度、バランスを整えてみませんか?

カイロプラクティックは、筋肉や骨格のバランスを整えるのを得意にしています。

今なら、初回特別割引実施中

大阪府大阪市住吉区長居3-13-8-1階
長居カイロプラクティック整体院
Tel;06-6699-9811Tel;06-6699-981
<受付> 9:00~12:00、15:00~20:00
水曜定休

ひざの痛みと体のゆがみ
ひざ自身のみ対処するのではなく、
膝関節のかみ合わせが悪いのはなぜなのか?
何が原因で、ひざに正しい圧がかかっていないのか?

体全体のバランスを見ていくことが大切です。

特に下記3点は見逃せない

  • 足関節
  • 股関節
  • 骨盤、腰

(かばった)歩き方や、体重のかけ方に問題がおこりやすい。
大腿骨、脛骨のゆがみにつながりやすい=膝関節のかみ合わせがくるってくる。
参考;膝痛とゆがみ

変形性膝関節症は、重症になると、手術になります。

変形がひどくなってしまう前に、早めのケアを!

膝痛の種類に戻る

元気でイキイキ、体ラクラク♪のお手伝い
ご予約やお問い合わせはお気軽に

長居カイロプラクティック整体院
tel:06-6699-9811tel:06-6699-9811
大阪府大阪市住吉区長居3-13-8-1階
長居駅すぐ
定休日;水曜日
初回割引はコチラ

▲ページ上部に戻る