膝の痛みについて
  1. ホーム
  2. 痛みの種類
  3. 半月板損傷

半月板損傷について

症状

  • 階段を降りるときに痛い
  • 体重をかけると痛い
  • ひざの内側が痛い
  • 患部を押すと痛い
  • 足を曲げたり、ねじる運動をすると痛い

ひどいときは、普通に歩けないほど痛い。
ひざの曲げ伸ばしの時、ズキンと痛む。

スポーツをしている人に多い。

ロッキング

切れた半月板の端が、関節の間にはさまり、膝の動きが制限される。
ひざを伸ばすことが困難に。

半月板損傷を繰り返すたび、発生率も高くなる。

ひざくずれ

歩行中や階段を降りるとき、急にひざから力が抜ける。
ひざが、ガクッと抜けるような感じに。

半月板損傷だけでなく、変形性膝関節症膝蓋軟骨軟化症でもおこることも。

ばね現象

あるところまでひざを曲げると、きしみや制限、違和感を感じる。
でも、そのまま力を入れると動かせる。

ひざがギシギシいう感じ。
ゴリゴリと音がすることも。

原因

ひざの構造
ひざの構造

半月板は、ひざにかかる衝撃が、1か所に集中してしまわないように、クッションの役割をする。
また、膝を曲げる時、関節が動きやすいように滑りをよくする働きをしている。

*****

半月板は、上から見ると8の字の形をしていますが、内側の半月板を傷めることが多いです。

半月板は、ひざの屈伸運動に合わせて動く。
このとき、内側はより狭い範囲での動きになります。

そのため、ムリな動きをしたとき、動きの小さい内側の半月板に、より負担がかかる。
結果、損傷すると考えられています。

損傷は、急激に半月板が切れることも。
また、疲労骨折のように、ムリが重なって小さなひび割れが進んで、半月板断裂になることも。

膝関節に荷重がかかった状態で、異常な屈曲と下腿の回旋が加わった時に損傷したり、断裂しやすい。
具体的には、転倒したり、急にひねったり、不自然な着地をしたときなどに痛める場合が多いです。
(バスケットボール、バレーボール、サッカーなど)

若者は、急な回転や回旋で膝を屈曲し、そこに回転する力が加わり損傷することが多いです。
高齢者の場合、徐々に半月板の断裂が始まり、目立った外傷なしに徐々に悪化することもあります。

治療

損傷した半月板はほとんど自力では戻りません。

治療として

  • 安静
  • 薬物療法
  • 手術  が取られることが多いです。

カイロプラクティック的見方

半月板は、衝撃吸収のクッションと、曲げ伸ばししやすいように滑りをよくする。
じん帯は、膝の動きを安定させる。

半月板が損傷した際、じん帯も損傷していることが多い。
また、痛みのため、かばった歩き方になり、膝関節への体重のかかり方もおかしくなる。

損傷した半月板を元に戻すのはムリ。

だから、残された部分で、いかに膝(半月板)への負担を減らすかが大事。

負担を減らすためには、バランスよく、ひざに負荷がかからないとダメ。

バランスよくするためには、膝関節だけでなく、骨盤、股関節、足関節など体全体を見る必要があると考えています。

参考;膝痛とゆがみ

今までの治療で改善が見られない場合、一度、バランスを整えてみませんか?

カイロプラクティックは、筋肉や骨格のバランスを整えるのを得意にしています。

今なら、初回特別割引実施中

大阪府大阪市住吉区長居3-13-8-1階
長居カイロプラクティック整体院
Tel;06-6699-9811Tel;06-6699-981
<受付> 9:00~12:00、15:00~20:00
水曜定休

ひざへの負担のかかり方

膝痛の種類に戻る

元気でイキイキ、体ラクラク♪のお手伝い
ご予約やお問い合わせはお気軽に

長居カイロプラクティック整体院
tel:06-6699-9811tel:06-6699-9811
大阪府大阪市住吉区長居3-13-8-1階
長居駅すぐ
定休日;水曜日
初回割引はコチラ

▲ページ上部に戻る